伊藤若冲生誕三百年記念作品商品サイズ:寸法(約)168cmx53cm材質等:新絹本・高精細デジタル印刷・三段本表装・木製軸先付属品:化粧箱収納



伊藤若冲生誕三百年記念作品

商品サイズ:寸法(約)168cmx53cm

材質等:新絹本・高精細デジタル印刷・三段本表装・木製軸先

付属品:化粧箱収納

大田です。

       
冬の乾燥から、アトピー性皮膚炎の症状に影響を受けている方は多いようです。
皮膚のバリア機能と乾燥、そしてアトピー性皮膚炎の症状悪化については、これまで何度か述べていますが、一口で「乾燥」と言っても、乾燥を伴うアトピー性皮膚炎の症状は個々人で異なってきます。
そして、「乾燥で困っているけど、どのスキンケアを使えば良いのかが分からない」といったご相談は良くいただきます。
そこで、乾燥の症状に対してどのようなスキンケアアイテムを選べばよいのかを考えていきましょう。

掛軸 赤富士 中島洋介 (掛け軸 尺五立)マルシン・FN Five-seveN LIMITED EDITION 6mmBB CO2ブローバック 限定版

                   
▼触っても、ほとんどがさつきがない肌

乾燥の度合いは軽度と言えます。
バリア機能の低下も、進行の度合いは強くなく、赤みや炎症などを伴わなければ、基本的な「保水」+「保湿」のケアを行えばよいでしょう。
意識したいのは「保水」です。
この状態が進むと、バリア機能低下から細菌叢の乱れを生みだすことで、アトピー性皮膚炎の症状は少しずつ強くなってきます。
この段階は、角質層の水分をしっかり保持できれば、健常な状態に戻せますので、保水を多めに行うように意識しましょう。

スケッチブック用額縁:MRN-B4102-C F50 (マット付-マット外寸:1063×1320/窓:890×1147)(UVカットアクリル)額縁 油彩額 油絵額縁 木製フレーム コクー サイズP30号

                      
アトピー性皮膚炎の方の場合、軽度の乾燥度合いでも、通常の「乾燥肌」で痒みを感じている方とは異なります。
通常の乾燥肌では、細菌叢の乱れまで生じることは少なく、アレルギー要因を体内で高めることにはなかなかつながりません。
一時的な乾燥による痒みはでますが、アトピー性皮膚炎の方は、そこから細菌叢を乱すことで、連鎖的な悪化要因となるIgEの増強へとつながってきます。
初期のアトピー性皮膚炎は、この軽い乾燥状態と同じような、軽度の状態から始まります。
ここでの対応を誤らずに、適切な保水と保湿を行えれば、その後の悪化を防ぐことも可能です。
適切なケアを行うように意識しましょう。

明日は、中程度の症状の方のケアについてみていきましょう。

                     
おまけ★★★中田のつぶやき

実際にあとぴナビのケアアイテムを使ってのケア方法をご紹介します。
保水のケアは、水分を多く含んだローション系、ジェル系のアイテムを使用しましょう。
APローション+SK20、APローション、プルルジェル+D、プルルジェル、プルルローション、安然宣言スパローションなどの中から、お肌に合ったアイテムを選んでみましょう。
保湿のケアは、安然宣言スキンオイルΩ、プルルB植物性ベビーオイルが良いでしょう。
後述する保護のケアで安然宣言スキンクリームを使われる方は、似た成分でつくられた安然宣言スキンオイルΩがお勧めです。

東です。


真冬の時期、まもなく大寒を迎え、冷え込みも強くなってきます。
寒い時期は、入浴が心地よく感じやすくなりますが、今日は入浴と温泉の記事を紹介したいと思います。

●泉質より湯温? 療養専門医に聞く健康になる温泉のイロハ
サバゲー Trijicon Accu Point 1-4x24 Riflescope 送料無料 メーカー直送。納期約1ヵ月程度
            
冷たい空気が氷のように肌に染みるこの季節。温泉旅行に行ってほっこりしたい。泉質の効能や入浴方法などを温泉療法専門医としても有名な大塚吉則氏に詳しく聞いてみた。

――「温泉大国ニッポン」と言われますが、日本の温泉について教えてください。

「日本人は温泉好きな国民ですね。環境省によると、年間に温泉地に宿泊する延べ人数は、約1億3000万人といわれ、これはつまり全日本人が1年に1回温泉地に宿泊するという計算になります。温泉地も全国に約3000カ所、源泉総数は約2万7000本あります。温泉の歴史は太古の昔からあり、成分を分析する術がなかった頃は、多くは動物に教えられて傷を癒やすために入り始めたようです。言い伝えには鹿が登場したり、湯あみをする熊の姿をきっかけに発見という温泉もあり、全国には動物にまつわる温泉が多いです」

――温泉が病気の治療に役立てられたのはいつ頃からですか。

「奈良時代あたりから。湯治が本格的に始まったのは、江戸時代に入ってからです。湯治宿場などが日本各地にでき始め、入浴法や湯治療法などが広く知られるようになりました。明治時代になると西洋医学の取り込み・発達とともに、湯治文化や温泉療法への関心が薄れていきます。しかし、昭和になると、温泉医学の必要性が叫ばれ、温泉の黄金時代となります。東京大学など各大学が温泉研究を始め、北海道大学も登別温泉に、東北大学は鳴子温泉に、群馬大学は草津温泉に分院をつくり、国立6大学で温泉の治療研究が盛んになりました。現在は、財政難で国立大学の統廃合などがあり、大学は温泉研究からすべて撤退しています」
絵画 花 抽象 Marilu Datali Hartnett FLOWER POWER14 インテリア 絵 壁絵 壁掛け 飾り 装飾 壁 北欧 アート 額入り【G&Gアーマメント】FIRE HAWK
気持ちが落ち込んでいるとき、そして高揚しているときでは、同じ事柄に接しても、次の気持ちの揺れ動きが異なることって多いよね。
物事は一方向性から見てしまうことが多いけど、たまには違う方向から見たり考えたりすると、良いのかもしれないね。

                    
おまけ★★★★大田のつぶやき

こうした見方によって受け止める方の動向(気持ちの揺れ動き、など)が変化することは、実生活の中においても少なくはありません。
常に物事の裏を考える必要はありませんが、いつも同じ方向性に向かっている、と感じた時には、ときどきこうした物事を多面から眺めてみるのも良いのかもしれませんね。

大田です。

iOptron アイオプトロン 自動導入架台 Dovetail Plate - designed for SkyTracker mount メーカー発送。納期約1ヵ月程度送料無料!! 激安!! アズールレーン 大鳳 コスプレ衣装
今日は、今回のテーマの最後です。
生活面の注意点について考えたいと思います。

●スキンケアの基本、「生活」

私たちの毎日の生活習慣が皮膚に影響を与える度合いは少なくありません。
例えば、睡眠不足が続いて、目の周りにクマができた、あるいは肌が乾燥してきた、という経験をお持ちの方は多いでしょう。
皮膚を形成していく要因の多くは、毎日の生活習慣の中にあります。
睡眠、食事、運動、ストレスは、いずれも肌に影響を与える生活習慣です。

アトピー性皮膚炎が急激に増加してきたのは、ここ30年ぐらいです。
その原因は、先日まで述べた皮膚のバリア機能を低下させる生活環境が土台にあるわけですが、同じ土台が「生活面」でも影響を与える状況になっています。
通信手段の発達により、パソコンやスマホに触れる時間が増え、夜型の生活が当たり前になってきています。
生体のリズムを優先すれば、今の生活環境は、大きな「無理」を体に強いている状況です。
もちろん、体にはある程度の「耐性」が存在しますので、その体制が強いヒトは大きな影響を受けずに済んでいます。
しかし、耐性が弱い方は、毎日の生活習慣だからこそ積み重なることで、その影響を受け、それはアトピー性皮膚炎だけでなく、さまざまな疾患として体に現れることになります。

額縁 モールディング 材料 資材 8139 56本1カートン/1色無線機 インカム アイコム ICOM HM-147 骨伝道マイク

では、昔の生活に戻れるのかというと、文明が発達することは同時に便利になることでもあるので、それを失うことは難しいでしょう。
しかし、社会全体の環境が悪化する中、それでも個々人の環境は、個々人の考え方で変えることはできます。
例えば、アトピー性皮膚炎の方が、その改善を目指す上では、自分で早く寝る、という行動をとる必要があります。
もちろん、早く寝ることで、これまで当たり前に行ってきた生活の一部を「失う」ことになるかもしれません。
しかし、自分にとって当たり前の必要な生活であっても、体が健康を前提で考えた場合にはその生活は必要のない生活であることは多々あります。

今の生活習慣のどこに負荷が大きいのか、それは個々人により異なります。
しかし、アトピー性皮膚炎の根本的な解決を目指すならば、やはり毎日の生活習慣を「健康」を前提にして考え、そして変えていくことは大切でしょう。
もし、生活習慣の中で大きな負荷を受けていない方は、おそらくアトピー性皮膚炎の症状も一過性で治りやすい状況にあります。
長年、なかなか治らないアトピー性皮膚炎を抱えている方の場合、生活習慣の見直しがなぜ必要なのかを良く考え、そして実行して欲しいと思います。

2020年は、ぜひ、これらスキンケアの基本を踏まえた上でのケアを上手に実践して、アトピー性皮膚炎の克服を目指して欲しいと思います。

                     
おまけ★★★★大田のつぶやき

アトピー性皮膚炎が生活習慣病の一部と言われるのは、こうした生活から受ける影響が強いからと言えるでしょう。
どの生活が影響が強いのかは、個々人により異なりますが、大きく共通している部分をみると、やはり「睡眠」「食事」「ストレス」といったところが関係していることが多いようです。
自分の生活面を見直し、何か疑問な点があれば、お気軽にアトピー相談室までご相談ください(フリーダイヤル 0120-866-933 受付10時~19時)

大田です。


今日は、細菌叢の部分についてみていきましょう。

●スキンケアの基本、「細菌叢」

ヒトは、基本的に「菌との共生」を行っています。
腸内が分かりやすいと思いますが、有用な菌(善玉菌)と、病原性の菌(悪玉菌)のバランスが、ヒトの健康に大きく影響を与えることが分かっています。
皮膚も腸内と同様に、無数の菌で「覆われている」状況です。
大気内が無菌だとするならば、皮膚の菌の「防衛力」はさほど高くはないかもしれませんが、少なくとも大気中には無数の菌が浮遊しています。
皮膚は一定の有用な菌が細菌叢(フローラ:群生)を形成することで、有害な菌の繁殖を防いでいます。

アトピー性皮膚炎の方の場合、アレルギーの発症要因、そして症状の悪化要因として黄色ブドウ球菌やボービス菌が大きく関わっていることが研究により分かっています。
黄色ブドウ球菌やボービス菌は日和見菌でどこにでもいる菌ですが、健常な方の肌を調べると、それらの菌による細菌叢の形成は見られません。

檀木 金泥書 脇仏 日蓮宗大黒天  ロ 1.8寸サバゲー Vortex Crossfire II 2-7x32 Riflescope, Scout 送料無料 メーカー直送。納期約1か月程度
そしてアトピー性皮膚炎の方の細菌叢は、黄色ブドウ球菌とボービス菌でほぼ占められている、という状況になっています。
それらの菌が優勢を占めるようになると、菌が出すデルタ毒素が体内において、IgEの産生を促進することで、アレルギーが発症したり、炎症が増える(痒みが生じる)ことでアトピー性皮膚炎の症状が悪化することになります。

したがって、アトピー性皮膚炎を克服していく、あるいは治癒した後で再発させない、さらに言えばアトピー性皮膚炎そのものを発症させないためには、皮膚の細菌叢のバランスはとても重要だと言えるでしょう。

現在の私たちの社会生活環境では、抗菌などのアイテムも増え、皮膚の細菌叢を保ちづらい状況にあります。
また、エアコンの発達は、乾燥によるバリア機能の低下を生みやすく、そこから細菌叢の乱れが始まることもあります。
適切なスキンケアを行うのと同時に、こうした皮膚を取り巻く「環境」の改善も考えていく必要はあるでしょう。

明日は、生活面の注意点を見ていきたいと思います。                   

おまけ★★★★中田のつぶやき

明けましておめでとうございます。商品開発担当の中田です。
有用な菌(表皮ぶどう球菌など)をいかに促進させ、そして有害な菌をいかに減らしていくのか、これはかなり難しい問題でした。
実際、あとぴナビでも、十年以上前からこの問題に取り組み、関西の某国立大学との共同研究なども行いましたが、皮膚に有用なスキンケアの開発にはいたりませんでしたが、昨年の秋に、エビデンスのある成分を配合したところ、有用な結果を得ることができました。
今年中に、新しいコンセプトのスキンケアを開発予定で進めております。

【1点物】希少AAA カコクセナイトインクォーツ 10.5mm いちご型 ブレスレット_G6276月の浦筆本舗 書道用筆 創 特特大 622531(A&B)(送料込み)

大田です。


今日は昨日の続きです。

●スキンケアの基本、「保水」

健全な角質層の「角質細胞」は、通常、きれいにレンガがつみあがった状態に保たれています。
このレンガをきれいに積み上げるためには、レンガとレンガの間を支える「細胞間脂質」が重要な役割を担います。
細胞間脂質が健全な状態を失うことで、レンガが支えきれなくなり、崩れた状態になると、崩れた角質細胞の隙間から、外部からの因子(細菌やウィルス、アレルゲンなど)が侵入しやすくなることで、炎症反応から痒みが生じることになります。

したがって、まずは健全な角質層の細胞間脂質を目指すことが大切になりますが、アトピー性皮膚炎の方の場合、大きく関わってくるのが、セラミドやフィラグリンなどです。

UBZ-LP20 2台セット 無線機 トランシーバー インカム JVCケンウッド デミトス 防水 特定小電力トランシーバー 乾電池3本平底フラスコ IWAKI 4060FK3000R 3000mL
角質層の細胞間脂質が維持される最も大切な要因は「水分」です。
水分が失われることで、支えが失われる、というイメージです。
この水分を細胞間脂質に留めておくのに関わるのが、セラミドやフィラグリンで、アトピー性皮膚炎の方を調べると、健常な方に比べると、これらが少ないことが分かっています。
まずは、角質層に水分を留めるために必要なセラミドやフィラグリンの不足分を補いながら、同時に水分を角質層に与えることが大切です。

アトピー性皮膚炎の方が行うケアは、重度な症状になればなるほど、オイル系のアイテムによるケアが中心です。
病院でもらう保湿剤でいえば、ワセリンを中心に使う方が多い、ということになります。
しかし、オイル系のアイテムは水分を含んでいません。
傷ついた肌をカバーして、掻き壊しから守ることはできますが、皮膚が本来持つはずのバリア機能を「修復」することはできないのです。
バリア機能を修復するためには、まず「水分」を角質層に与えることが必要です。

【フジクラ 5D-FB 80m巻】低損失FBタイプ同軸ケーブルiOptron アイオプトロン Go2Nova Hand Controller 8405 送料無料 メーカー直送。納期約1か月程度

アトピー性皮膚炎のケアの基本が「保水」にあるのは、きれいにレンガを積み上げていく上での準備として、水分が必須であるからと言えるでしょう。
アトピー性皮膚炎の状態が悪くなると、皮膚は肥厚してV字欠損がみられることもあります。
皮膚のバリア機能が低下した状態が続くと、そこからの回復は容易ではありません。
そのため、常に「保水」は意識しながら少しでもバリア機能を修復するためのケアを行うことは大切になります。

明日は「細菌叢」について考えてみましょう。

                         
おまけ★★★★博士のつぶやき

明けましておめでとう。
アトピー性皮膚炎の方は、楽なケアを行うことが多いのじゃが、楽なケアは必ずしも正しいケアになっていないことがある。
「保水」はその代表的なところじゃろう。水分系のアイテムはダメージを受けた肌には浸みやすく、敬遠することも多い。
浸みない工夫を行った「保水」のケアはしっかり行って欲しいと思うの。

大田です。

Himmelstrutz Elektro Art Gramps+古梅園 究極の墨 1.0丁 送料無料  メーカー直送、期日指定不可、ギフト包装不可、返品不可、ご注文後在庫在庫時に欠品の場合、納品遅れやキャンセルが発生し         
明けましておめでとうございます。
お正月でスタッフの休みも多いため、しばらくブログを担当します。
テーマを考えてみましたが、最新のアトピー性皮膚炎の現状を踏まえたスキンケアを考えていきたいと思います。

●スキンケア

今でもアトピー性皮膚炎は、アレルギーが原因で発症すると述べるサイトはいくつもありますが、日本だけでなく世界のアトピー性皮膚炎の研究から、発症原因の基本は皮膚にあって、アレルギーは結果として起きる症状、という認識になっています。
もちろん、小児など一部のアトピー性皮膚炎はアレルギーが先の原因であることもありますが、大多数のアトピー性皮膚炎は、皮膚のバリア機能が原因となっていると考えてよいでしょう。

本来、自然な皮膚のバリア機能は、汗と皮脂が乳化してできる皮脂膜、そして皮膚の常在菌によるバリア、角質層の水分が保持されることによる健全な角質層のバリア機能などにより行われています。

【1本限定特価!25%OFF!】WE-Tech RAPTOR M4 電動ガン TAN(Katana System)仏像 文殊菩薩(獅子座) 普賢菩薩(象座蓮華持) 一対 3.5寸 飛天光背 桧木
逆に考えると、アトピー性皮膚炎の方は、上記の三つのバリア機能に関わる因子のどれかが十分でない状況にあると言えるでしょう。
最近は、特に皮膚の細菌叢の問題は大きくなっています。
抗菌などが当たり前になりつつある社会環境ですが、抗菌の環境は皮膚にとって有害な菌だけに対するものではありません。皮膚にとって必要な「善玉菌」も抗菌の影響は受けることになります。
清潔な環境は、確かに大切ですが、そこには健全な細菌叢を保てる環境がベースにあることが大切になります。

このように、アトピー性皮膚炎のへのアプローチの基本は、皮膚に対して行うことが必要であり、まず「スキンケア」が重要になることは間違いありません。
もちろん、アトピー性皮膚炎の症状は千差万別です。
乾燥や赤み、中にはジュクジュクした炎症を伴うケースもあります。
それらの症状ごとに、適したケアは異なりますので、「アトピー性皮膚炎のケアはこれ一つで大丈夫」ということはありません。
ただ、共通したアトピー性皮膚炎の原因を考えた場合、多くのアトピー性皮膚炎の方に有効なスキンケアは存在します。

大きく分けると二つになります。
一つは「保水」もう一つは「細菌叢」です。

明日は、まず「保水」の部分からみていきましょう。

                         
おまけ★★★★南のつぶやき

明けましておめでとうございます。
アトピー性皮膚炎は、皮膚に症状を伴う疾患です。でも、昔は病気の原因そのものは皮膚にはなく、結果が皮膚に現れている、と考えられていました。
しかし、今では皮膚に原因があって、体内の要因(アレルギーなど)は後からつくられて、症状をさらに悪化させる要因につながる、ということが分かっています。
皮膚をどのようにケアしていくのか、大きな課題ですが、自分の肌に適したケアを行えるように考えていきましょうね。